青汁の効果効能

これはすごい!青汁の健康効果

「苦いけど健康には良い」、これが青汁のイメージでしょう。味をごまかすために、牛乳で割ったりして飲んでいる人が多いかもしれません。

青汁は緑黄野菜のひとつ「ケール」などを絞って作られています。ケールにはベータカロテンであるビタミンAやたんぱく質、カルシウムや食物繊維などミネラルがたっぷり含まれていて、緑黄色野菜の王様と称されています。

ケールを摂るとメラトニンもたくさん分泌されます。メラトニンは睡眠の質を上げるのに役立ちます。抗酸化作用のあるルテインも含まれていて、目に効くことから、紫外線からの保護や夜盲症、眼精疲労を防ぐ効果を持っています。

ケールやブロッコリー、キャベツなどのアブラナ科に属する野菜は、抗ガン力を高めたり再発を予防したりして、がん細胞を抑制する働きもあります。その他、花粉症の予防になったり血糖値の上昇をゆるやかにして糖尿病を改善したり、便秘の解消にも一役買います。

身体のあらゆる部分に有効に働くため、青汁を飲むだけで今までの悩みがうそのようになくなり生活が一変することもあります。空腹時に飲むと身体がよく吸収するため、飲むなら食前が適しています。青汁の健康効果は計り知れません。

ジュースのように美味しい青汁はなかなかありませんが、ぜひ生活に取り入れると良いでしょう。

↑ PAGE TOP