青汁の効果効能

青汁の効果効能

多くの栄養成分が含まれていることで知られている青汁ですが、その効果は万能で幅広い疾患や美容などに効果があります

では、ケールの青汁を摂取していくことにより身体にどのような効果をもたらしてくれるのか解説していきます。
ケールはキャベツやブロッコリーなどのアブラナの植物から、大麦若葉はイネ科そしてアシタバはセリ科の植物から抽出されています。そのため、栄養素も効果効能においても異なる部分があります。

ケールはマルチビタミンといわれているほどビタミンが豊富に含有されています。その効果はビタミンCやEは体内でビタミンAに変換され動脈硬化や老化などの原因となる活性酸素を抑制し体内のさび付きを防止してくれます。

また、妊娠期間中に積極的に摂取したい葉酸は胎児に必要な栄養成分です。ただ、熱に弱いため加熱せずそのまま体内に取りこむことの出来る青汁は妊娠期間中の妊婦さんにとっても適した食品なのです。
この他にもスマホやPCなどLEDからの光は目に悪影響を与えるといわれています。青汁に含まれているルテインは青色光を吸収し目を保護する作用があります。

ケールは「野菜の王様」といわれているだけあり、豊富な栄養がバランス良く含有されています。ただ、これらの効果を実感するには毎日継続して飲み続けていくことがポイントです。

↑ PAGE TOP